2014年11月20日木曜日

ロシア発、E Ink液晶の2画面スマホ「YotaPhone 2」公式サイトでスペック情報が公開

 12月3日に正式発表される見通しの2画面スマートフォン「YotaPhone 2」ですが、公式サイトにてスペックに関する詳細情報が公開されています。

2画面スマートフォン「YotaPhone 2」を提供するロシアメーカーYota Devicesは、同社の公式サイトでスペックシートを公開し、高音質通話のVoLTEやQiワイヤレス充電にも対応している事が分かりました。

VoLTE・Qiワイヤレス充電対応の「YotaPhone 2」

 YotaPhone 2からは背面のE Inkディスプレイもタッチ対応になっている他、メインの前面ディスプレイは5インチフルHDでAMOLED液晶仕様となる。
また、背面のサブディスプレイ(E Ink電子ペーパー)は 4.7インチ(960×540)、OSにAndroid 4.4KitKatが搭載されています。「YotaPhone 2」の主なスペック内容は次の通りです。
・メイン(前面)ディスプレイ:5インチ(1920×1080)AMOLED、1677万色(442ppi)
・サブ(背面)ディスプレイ:4.7インチ(960x540)E Ink、16段階グレースケール(235ppi)
・SoC:Snapdragon 800 2.26GHzクアッドコア(GPU:Adreno 330)
・メモリ/ストレージ:2GB RAM/32GB ROM
・カメラ:背面800万画素(AF、LEDフラッシュ、1080p動画撮影)、前面に210万画素
・ワイヤレス:Wi-Fi a/b/g/n/ac(HT80)、Bluetooth v4.0、NFC、Qiワイヤレス充電対応
・サイズ:144.9 x 69.4 x 8.95 mm、145g
・端子:Micro USB 2.0(SlimPort対応)、3.5mmジャック
・センサー:加速度、ジャイロ、近接、ライト、コンパス、GPS / A-GPS / GLONASS
・バッテリー:2,500mAh
・SIMスロット:Nano SIM
・OS:Android 4.4 KitKat
対応周波数は「GSM/EGPRS(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA / DC HSDPA(850 / 900 / 1900 / 2100MHz、FDD-LTE Cat 4(B3 / 7 / 20)」、SIMスロットサイズは「Nano SIM」に対応する。

なお、噂されていたE Ink電子ペーパー向けの夜間用ライト機能については、現時点で公式情報内では確認出来ません。

Source・Via:YotaPhone
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~