2014年11月11日火曜日

Apple共同創設者のウォズ、3年早く「大型iPhone」を出すべきだったと指摘

 Appleの共同創設者であるウォズことスティーブ・ウォズニアック氏は、CNNのインタビュー時に「大型iPhone」に関する見解を語っています。

スティーブ・ウォズニアック氏、大型ディスプレイへの対応を悔やむ

 それによると、同氏は「Appleは3年早くiPhone 6(大型iPhone)を出していれば、今より大きなシェアを獲得出来ていたかもしれない」と述べたという。
【img via:Know Your Mobile
現時点でスマートフォンの世界シェアはSamsungが1位、2位がAppleとなっており、調査会社IDCのレポートでは2014年7〜9月のシェアはSamsungが23.8%、Appleのシェアが12%となっていました。

その為、ウォズニアック氏は大型iPhoneが早く誕生していれば「Samsungと良い勝負ができていただろう」と指摘したそうです。また同氏は「スマートウォッチ製品」についても、ウェアラブル(身につける)デバイスには多くの可能性がある事を以前から考えていた事を語っています。

Source・Via:9To5Mac
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~