2014年10月18日土曜日

Amazon、ニューヨークで即日配達を開始、最大のライバルは「Google」か

 Amazonが米国時間10月17日より、同社の即日配達「Amazon Fresh」を東海岸・ニューヨークでも開始する事を発表した。

まずは中心地・Brooklyn全域での展開を予定し、その後はマンハッタン地区などへサービスエリアを広げていくと考えられます。

Amazonの即日配達、初の米国・東海岸地域に進出

 サービス利用者は50万以上の品目から商品を選択でき、地元の小売店・量販店から生鮮食材・玩具・家庭用品などを購入可能。当日・または翌日までに配送してくれるというもの。
また、Amazon Freshは2015年から年会費が299ドル(約3万2000円)となり、会員は無制限で無料配送を可能にしています。

Amazonはこれまで、即日配達サービスをシアトル・カリフォルニア地域のアメリカ西海岸で行なっていたが、遂に東海岸地域にも事業を拡大した。
東海岸地域で即日配達サービスをおこなっていたGoogle Express(旧・Google Shopping Express)は先日、シカゴやワシントンDCなどの数都市にサービスを拡大している。

米国の即日配達をこれまで、様々な企業が参入していますが、現時点で全米数都市で大々的に展開できているのはAmazonGoogleだと言える。また、折しも2社は無人ドローンの開発にも着手しているため、今後の競争激化を予想されています。

Source・Via:TechCrunch
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~