2014年10月24日金曜日

Xiaomi(小米科技)、中国以外のユーザーデータを国外に移動へ 個人情報懸念に配慮

 中国のスマートフォン新興メーカー・Xiaomi(小米科技=シャオミ)は海外ユーザーのデータを国外サーバーに移している事が分かった。

Xiaomi、事業拡大に伴う更なるプライバシー懸念に配慮

 元Google幹部で現Xiaomi副社長のヒューゴ・バラ氏は、Google+上でこれらの事を発表し判明した。それによると、北京のデータセンターから米カリフォルニア州・シンガポールのデータセンターに移す作業を行っている模様。

また、Xiaomiの売りのひとつである「MIUI」のサービス(クラウドサービス等)も米国やシンガポールのデータセンターに移している事も分かりました。
Xiaomiは以前、中国国内のサーバーへ個人情報を強制送信していた事や個人情報漏洩疑惑を報じられており、謝罪と対策をおこなっていた。

同社は2014年内に6000万台のスマートフォンを出荷する可能性もあり、順調に事業が拡大する中で今後、更なるプライバシーをめぐる懸念に配慮し、データセンターの国外活用は重要な課題だと考えているという。

Source・Via:Google+WSJ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~