2014年8月20日水曜日

Googleの自動運転車、"安全の為"に速度制限を超える加速プログラムを搭載へ

 米・Googleが開発を進めている自動運転車こと通称・Google Car(Google Self Driving Car)は、速度制限以上の加速能力を搭載する方針にあるという。

これまでGoogleは開発中の自動運転車に関し、「人間が運転する以上に安全であるが、運転速度は遅くなる」と述べていました。しかし、その方針を変える見通しです。

「安全のため」、制限速度よりも時速16km超えの速度能力を搭載へ

 方針を変える理由は、いたってシンプルなもので「安全のため」だという。プロジェクトリーダーのDmitri Dolgov氏は速度制限を超えるプログラムを搭載する事に関し以下の様に説明しています。
「多くの通常自動車が法律で定められている制限速度を多少超過している中、Google carだけが制限速度を守って走るのことは、(全体的・統計学的にみて)事故が起きる原因になる。」
Dmitri Dolgov氏はこれ以外にも、米国の一般道でGoogle Carを100万マイル(約160万km)以上、試験運転してきたことに関しても語っており、試験走行中に対向車線の車が左折する為、車線に一部進入してきた時、Google Carがブレーキを強くかけた事があったという。
この時は相手ドライバーが回避、事故には至らなかったそうですが、同氏は「Google Car(人工知能)の危険予知能力が"先に発生する可能性のあった危険"を回避しようと咄嗟にとった行動」だと説明。

制限速度以下で走るGoogle Carと、制限速度を多少超過する通常自動車では誤差が発生するという事態もあるとしています。そのため、人工知能を搭載する自動運転車も制限速度より時速16km超えの速度能力をプログラムに加える必要があるのだという。
今後、Google Carは交通違反となる制限速度以上の速度能力をプログラムに組み込む事になる見通しですが、それは全体的な安全を優先した結果。既に海外では賛成・反対意見による議論がなされているとの事ですが、これは「自動運転車と通常自動車の共存」を考える上で絶対的に必要な事なのかもしれません。
Source・Image Via:ReutersBBCWiki
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~