2014年8月23日土曜日

Microsoft、Chromecastの様なストリーミングデバイスを開発か ––FCC認証取得

 米・Microsoftは、スティック型のメディアストリーミング製品を開発中であるという情報が浮上しています。

最近、FCC(連邦通信委員会)やWi-Fi Allianceの認証を取得した「HD-10」という製品がMicrosoftの開発品であったため、可能性をささやかれている。

Chromecastなワイヤレスディスプレイ・メディアアダプタ製品??

 HD-10は、これまでの情報によると「Miracast Dongle」という製品名だそうで、OSにLinuxを搭載。Wi-Fi対応のメディアアダプタ製品との事です。
スティック型との情報ですが、資料では丸型のデバイス設計になっていますので、詳細はまだまだ不明なところ...。

しかし、Windows PhoneではMiracastのミラーリング機能が搭載されているため、スマートフォン連携型のメディアストリーミングになる可能性は十分にあり得ます。
現在、AndroidGoogleはストリーミングデバイス「Chromecast」を提供、AppleはiOS用に「Apple TV」というセットトップボックスを提供しています。

そのため、MicrosoftWindows OS・Phone用に自社製のメディアストリーミング製品を手掛けていても、不思議ではないでしょう。IFA 2014あたりで何かしらのアナウンスがあるかもしれません。

Source・Image:The Verge
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~