2014年8月26日火曜日

ゲーム実況動画の「Twitch」、Amazonの買収案に合意!Googleは買収失敗

 米・Amazonは8月25日、ゲームライブストリーミングを運営する「Twitch Interactive」を買収する事で合意した事を正式発表した。

AmazonTwitchの全株式を約9億7000万ドル(約1000億円)で取得。取引は一度の現金払いで行われ、買収完了は2014年末を予定しています。

TwitchとAmazon、ゲームコミュニティの発展に

 Twitchは2011年6月にサービスを始めたゲームストリーミングサービス。ゲームプレイ動画に特化し、他人のゲームプレイを無料でライブ視聴できる。

今年7月には月間ユニークユーザー数は世界に5500万人。視聴コンテンツは150億分以上となっており、米・Googleは今年5月からTwitchに対し、買収交渉をおこなっていた。
海外メディアの報道によると、Googleが提示していた買収額は10億ドル(約1000億円)でAmazonと同額となっていた模様。今回の合意に関して、Twitchの最高経営責任者(CEO)Shear氏はコメントを出しています。

また、AmazonのCEO・Jeff Bezos氏も発表コメントを出していますので、以下に引用します。

▼ Twitch エメット・シアーCEO

「AmazonはTwitchのコミュニティ性を高く評価し、Twitchの価値と将来ビジョンをともに共有してくれる。買収後もTwitchはオフィス・従業員・ブランドの独自性をこれまでどおり維持でき、Amazonのサポートの下、更により良いのリソースを獲得できるでしょう。」

▼ Amazon ジェフ・ベゾスCEO

「当社(Amazon)とTwitchは他とは違う考え方を好み、常に顧客のことを念頭に置く徹底的な顧客至上主義。当社もTwitchから学び、Twitchが更なるゲームコミュニティを構築できるよう手伝いを行ないたい。」
Amazonは自社デバイスの「Kindle Fire HDX」「Fire TV」「Fire Phone」に高性能なゲーム機能を搭載しており、自社のゲームスタジオを立ち上げるなど、今後のゲーム市場に大きな興味を持っていた。

一方のGoogleは世界最大の動画共有サービス「YouTube」を傘下におさめており、Twitch買収による独占禁止法の指摘を避けなければならないという考えがあったという。

この他、米・Yahoo!Twitch買収を検討していたという情報もある。なお、これまでのAmazonの買収案では「Twitch」が過去最大の取引となっているという。
Source・Via:TwitchAmazon
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~