2014年8月6日水曜日

LINEがgumiと資本業務提携・出資へ、ゲーム開発分野で世界展開に注力

 LINE株式会社株式会社gumiは8月6日、資本業務提携について基本合意した事を発表しました。

今後、LINEgumiに出資し、gumiLINE向けにゲームを開発。両社協力によって、日本発のゲームコンテンツを世界市場に発信する。

「LINE」と「gumi」、日本発の良質なゲームコンテンツを世界へ

 世界5億人のユーザーを誇る無料通信アプリ運営のLINE社は、2012年11月よりゲーム事業「LINE GAME」を開始。現在では国内のみならず、グローバル市場でもゲームコンテンツ・LINEプラットフォームを提供しています。
gumiは、傘下企業である株式会社エイリムが提供するモバイルオンラインゲーム「ブレイブ フロンティア」を日本国内、北米・ヨーロッパ、東南アジア諸国などの世界50カ国に展開。世界市場でヒットするゲーム開発を実現しています。
今後、LINEgumiに出資しゲーム開発を支援する。一方、gumiは年内中にLINEプラットフォーム向けのゲーム開発をおこない、LINE GAMEから日本発のゲームコンテンツを積極的に世界展開していく計画です。

今回のLINEgumiの資本業務提携に関する両社のアナウンスコメントを一部引用し、以下に紹介します。

LINE株式会社 上級執行役員CSMO 舛田 淳氏

「gumi はアメリカや東南アジア、韓国などグローバルにおいて成果をあげている日本のデベロッパーとしては国内でも稀有なパートナー企業です。

(略)

今回、個別タイトルでの連携ではなく、大きく事業提携に結びつきともに世界展開を推進していくことを大変うれしく思います。LINE のプラットフォーム力を存分に生かしながら、国内外の展開をしっかりと支援し、gumi とともに世界に通用するコンテンツを提供していきたいと思います。」

株式会社gumi 代表取締役社長 國光 宏尚氏

「... LINE は国内にとどまらず海外にも多数の幅広いユーザーを抱える世界最大級のプラットフォームを構築しており、当社が業務展開していく上で最良のパートナーであると考えています。

(略)

両社のモバイルオンラインゲーム企画・開発力とブランド力を活用し、日本発のコンテンツを世界中のユーザーにお届けし、喜びと感動を与えられることを楽しみにしております。」
また同日、LINE株式会社はゲーム開発・コンテンツを対象とした投資ファンド「LINE GAME Global Gateway (仮)」を設立する事を正式発表。ともに、運営会社となるLINE Venturesを設立。代表はLINE上級執行役員の舛田淳氏が務める。

予定投資規模は100億円。今後、国内の様々なゲーム開発事業者のグローバル展開を支援していく。その第一弾が、エイリムを傘下におさめる株式会社gumiとなり、10%の出資をおこなう計画です。
Source:gumiLINE Corp
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~