2014年8月13日水曜日

Apple、iWatch対応「HealthKit」の連携に向けて病院や医療関連企業とコンタクト

 米・Appleが「HealthKit」に関するプログラムの一環として、有名病院・健康保険会社・医療プログラム提供企業等の医療関連企業とコンタクトを取っているそうです。

Appleは次期OSバージョン「iOS8」で展開する「HealthKit」プラットフォームのハブとして機能してもらう様、複数の医療企業と会合をおこなっているという。

「iWatch・HealthKit」を医療分野での有効活用を計画

 Appleは、ニューヨークのマウントサイナイ病院、オハイオ州のクリーブランドクリニック、全米屈指の名門医学部を持つジョンホプキンス大学付属病院などとコンタクトを取っている事が判明。
この他にも、医療記録データ管理のオールスクリプトなどとも打合せをおこなっているという。いずれも米国の主要メディア・ロイターからの情報のため、確信性が高い。

Appleは主にHealthKitに関する打合せをおこなっており、HealthKitに蓄積した健康データを病院や医療供給社のサードパーティーに活用してもらう事を話しているという。これらの事はWWDC 2014でテム・クック氏が発表済み。
同社は、クラウド上でHealthKitのデータを集約し、医療関連のサードパーティーが提供する健康関連のアプリや医療機器で利用してもらう計画を立てています。既に複数の病院内で医師と患者を結ぶHealthKitのシステムを試験的に導入している事も判明しました。

しかしながら、人々の健康データにもプライバシーがあるとの考えがあり、どこまでサードパーティーに健康データを提供するのか。などが問題だとしています。Appleは現在、HealthKitのデータをiCloudに暗号化して保管している。
米国で医療機器を管理するアメリカ食品医薬品局(FDA)Appleにアドバイスをおこなっており、両者は緊密に会議を重ねていると言います。FDAにはこれまで、何度か「iWatch」関連の情報が浮上していました。

海外メディアはFDAAppleが今後展開予定のサービス・新製品に関する医療規制の問題点などを助言していたと報じています。以前からAppleヘルスケア分野に注目していると言われてましたが、本格的な参入、データ管理・共有を計画しているみたいです。
Source・Image:Apple Insider
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~