2014年7月7日月曜日

Linuxの車載システム・AGL、自動車メーカー主導のプラットフォーム開発へ

 現地時間の6月30日、Linuxの普及促進・非営利団体の「Linux Foundation」はLinuxベースの車載ソフトウェア・システム「Automotive Grade Linux(通称・AGL)」を公開した。

AGLはこれまでのLinuxベースの車載システムとは異なり、オープンソースかつ、カスタマイズ可能な自動車向けプラットフォームを目指しているという。

自動車メーカー主導のOSプラットフォームへ、参加企業には大手が名を連ねる

 近年の自動車向けソフトウェア・プラットフォーム開発は熱を帯びている。米・AppleがiOSプラットフォームの「CarPlay」を手掛ける他、GoogleはAndroidプラットフォーム「Android Auto」を開発、Microsoftも「Windows in The Car」という開発名の元、自動車向けのシステム開発に着手しています。
その中で、Linuxベースの車載システム「Automotive Grade Linux(AGL)」は、完成系のシステムではなく、システム基盤のみを提供するものだという。

つまり、ソフトウェア開発を自社でおこない、自動車メーカーと協力してプラットフォーム構築をおこなう「CarPlay」や「Android Auto」とは異なり、AGLは自動車メーカー主導のプラットフォーム構築を可能にするというもの。
システム基盤となるAGLは、空調システム、マップ、ダッシュボード、メディア再生、スマートデバイスとのリンク機能など、車載システムに必要なソフトウェア機能が備わってるとLinux Foundationは発表。

また既に、AGLは自動車メーカー大手や半導体のトップメーカー数社の参加が見込まれています。
AGLの参加企業には、Hyundai、英Jaguar Land Rover、日産自動車、トヨタ自動車という大手自動車メーカー4社のほか、ドイツAdvanced Telematic Systems、富士通、米Harman International、米Intel、韓国LG Electronics、NEC、パナソニック、韓国Samsung Electronicsなどの大手企業が名を連ねた。Linux Foundation..|ComputerWorld
自動車向けのソフトウェア開発は近年、AppleGoogleMicrosoft、そしてLinuxベースのAGLと市場参入が相次いでいる。

その中で今回のAGLはオープンソース型の車載ソフトウェアとして、自動車メーカー独自のOSプラットフォーム開発を可能になるものであり、今後の展開が非常に気になる存在となっています。
Source・Image:Automotive Grade LinuxTechHive
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~