2014年7月30日水曜日

Googleの低価格ビデオ会議システム・Chromebox for meetings、15万円で販売

 米・Googleは法人向けビデオ会議システム「Chromebox for meetings」を国内提供する事を発表しました。

Chromebox for meetingsは、Chrome OS搭載の小型デバイス「Chromebox」を中心としたWebベースのビデオ会議システム。

1セット15万円、年間費3万5000円の安価なオンライン会議セット

 同製品はGoogleが無料提供するハングアウト(テキスト・音声・ビデオチャット)とクラウドサービス「Google Apps」の機能が備わった企業向けの会議システム。Googleでは簡単・安価なオンラインビデオ会議のシステム導入を実現できると述べています。
ビデオ会議(ハングアウト)には最大15台の端末が接続可能。手軽に会社内の打ち合わせから顧客やパートナーと会議をおこなう事ができる。接続端末はノートPC・タブレット・スマートフォンなどが対応。会議をおこなう場合、リモコンのボタンをクリックするだけとなる。
Googleが提供する「Google Apps」では、参加者への会議招待、Googleカレンダーの情報管理、資料の共同編集・共有が可能となります。この他、Chromebox for meetingsに関する具体的な特徴はGoogleのプレス情報から引用して以下に掲載します。
・ディスプレイとシンプルな設定で、どこでも会議室となります。Chromebox for meetings には、Chromebox、高解像度のカメラ、マイクおよびスピーカーユニット、リモコンが含まれます。数分で設営することができ、Web 上の管理コンソール(年間使用料:35,000円)を使って、すべての会議室を管理できます
・簡単に打ち合せを始められます。部屋に入ったら、リモコンをクリックするだけです。ダイヤルイン番号、パスコード、複雑な暗証番号は必要ありません。ケーブルやアダプターを用意することなく、ノートパソコンの画面をワイヤレスで共有もできます。Google Apps と統合されているため、他のメンバーを招待したり、Google カレンダーからテレビ会議の部屋の追加も簡単です
・どこでも誰とでも打ち合せができます。他の会議室、ノートパソコン、タブレットやスマートフォンから、最大 15 の場所から同時にテレビ会議に参加することが可能です。Chromebox を利用していないクライアントとの打ち合せが必要になっても大丈夫です。
Chromebox for meetings1セットの中身は、ハードウェア(Chromebox本体、HDカメラ、マイク内蔵スピーカー、リモコン)とソフトウェア(ハングアウト、Google Apps)一式となる。搭載カメラは最大1920x1080解像度とフルハイビジョン対応。オートフォーカス、自動光量補正機能などを備わっています。
製品価格は1セット15万円。24時間サポート付きでソフトウェア管理費として1セット年間3万5000円の年間費が掛かる。購入にはソフトバンクテレコムからとなるが、販売業者は今後増える見込みだとしています。
Source・Image:GoogleChromebox for meetings
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~