2014年7月2日水曜日

NEC 宇宙開発の需要見込み衛星生産事業を拡大へ。国内から海外市場に注力

 海外を中心に人工衛星など、宇宙事業に関する需要が高まっている中、NECは7月2日、人工衛星の生産事業を拡大していくことを改めて発表した。

NECは府中に新工場を建設。人工衛星の製造をおこなう「衛星インテグレーションセンター」の稼働を開始した事をメディアに公開しました。

人工衛星・宇宙事業拡大を見据え、国内から海外市場へ

 今回、公開した新工場・衛星インテグレーションセンターは、既存工場と合わせて最大8機の人工衛星を並行して製造可能。
総工費は約96億円、政府からの支援(先端技術実証・評価設備整備費等補助金)もあり、NECの実質的な投資額は約76億円となっています。

以下、NECの公式プレスリリースから新工場・衛星インテグレーションセンター稼働について引用。
「衛星インテグレーションセンター」は、高さ50m、フロア面積9,900m²で、大型スペースチャンバーや20mを超える室内高を有する大空間作業室(ハイベイ)を備えるなど、大型衛星に対応可能な構造です。

(略)

NECは、日本の宇宙開発とともに培ってきた最先端の宇宙技術を基盤として、人と地球にやさしい情報社会の実現を目指します。NEC
NECは今後、海外市場への事業拡大をおこなっていく。これまでは国内のJAXA(宇宙航空研究開発機構)などに衛星を供給してきたが、新工場の生産性向上に伴い、海外事業にも積極的に取り組んでいく。
海外の人工衛星・宇宙開発は民間企業の間で熱を帯び始めており、市場の拡大が期待されている。NECは2013年に宇宙関連事業規模の目標として、2020年1000億円規模を掲げていました。同社は今後、先進的な技術とともに、安心・安全な製品を手掛けていくとしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~