2014年7月14日月曜日

Googleの「Chromebook」日本国内でも提供発売へ、企業や教育機関が対象

 米・Googleは、Chrome OS搭載ノートPC・Chromebookを日本国内向けに発売することを発表した。ただし個人向けではなく、企業や教育機関向けとなる。

Googleでは発売に合わせ、14日より企業・教育機関向けに「Chromebook」 を一括管理できるコンソールの提供を開始予定。

「Chromebook」、遂に日本市場へ

 遂に日本国内でもChromebookが導入される。日本市場向けに提供される同PCは安全性、セキュリティ機能を標準搭載。管理コンソールでは複数台をまとめて管理可能。また、利用するアプリケーション、データなどの一括設定もおこなえます。
他にも「Chromebook」はメール、表計算シート、ワープロ文書の作成などをGoogleのクラウドサービス上で一括作成・管理・共有できる。一方で低価格・デザイン性が高いことから、販売対象外だった日本市場においても注目度が高かった。

国内展開には台湾メーカーのAcer、ASUS、米国のDell、HP(Hewlett-Packard)、東芝製のChromebookが順次販売される予定で、企業導入に関してはソフトバンクテレコムが窓口となり、教育機関向けにはミカサ商事も窓口となります。
導入の詳細に関することはWebサイト「Chromebooks for Work」、「Chromebooks for Education」からも情報を入手する事が可能。なお、Chromebookの特徴は次の通りに説明されている。
・標準搭載されたセキュリティ対策: Chromebook には、ウイルスやマルウェアに対するセキュリティ対策があらかじめ組み込まれているため、ユーザーのデータを安全に守ることができます。また、セキュリティ機能は自動的に更新されるため、セキュリティやアンチウイルスソフトのアップデートに惑わされることなく、ユーザーは常に最新で最も安全に利用できます。

・シンプルな一括管理: Chrome 管理コンソールを利用すれば組織内で利用する複数の Chromebook を、IT 管理者はユーザー、デバイス、アプリケーションなどを簡単に設定・管理できます。

・管理費の削減: 導入や維持管理、ソフトウェアのインストールやアップデートなど面倒な作業がないため、従来のコンピューターと比較すると 3 年で約 50 万円の管理費の削減となります。

・共有が簡単: Chromebook は、同僚や学生同士で簡単に共有できます。マルウェアや不正アクセスから守られ、悪質なソフトウェアを間違えてインストールすることもありません。1台のChromebook を複数のユーザーが利用しても、安全が守られます。|Google 公式ブログ
Chromebookの国内提供は、現時点で企業・教育機関向けとなっていますが、米国などでは200〜300ドル(約2〜3万円)で一般発売がなされています。比較的性能も良く、デザイン面においても評価は高い。日本国内での一般販売は未定ながら、今後、期待したくなる一件と言えるでしょう。
Source・Image:GoogleChromebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~