2014年6月17日火曜日

電気自動車普及に弾み 米テスラなどEV開発の世界大手3社が相互協力へ

 イギリス紙フィナンシャル・タイムズは現地時間の16日、電気自動車(EV)開発をおこなう大手メーカー、テスラ・モーターズと日産自動車、BMWが充電技術などの相互協力をおこなっていくと報じました。

電気自動車に必要不可欠な充電ステーションの設置拡大など、これまで競争相手であったテスラ、日産、BMWがEV普及のため提携する可能性が高まっている。テスラ・モーターズは12日、世界規模でのEV普及加速を目指し、自社の全特許を公開していた。

EV普及を加速 - 電気自動車事業の世界大手3社が提携へ

 AFPBBニュースによると現在、電気自動車の世界販売台数の80%はテスラ、日産、BMWの3社が占めているという。また、今回の報道に関するAFPの取材に対し、同社からのコメントは以下となっています。
 匿名を希望したある関係者は、「より簡単に自分の車に充電できる方法があれば、すべての人にとって有益となるのは明らかだ」と述べた。

(略)

「メディアの憶測についてコメントすることはない。ただ、両社共に、世界中で電気自動車の話題を広めていくこと、そして電気自動車技術を成功させるために貢献していくことに関心を持っている」(BMW広報)

一方、日産はこの件に関してコメントを出しておらず、同社の広報担当者は「電気自動車の台数を増やすことになる取り組みは、どのようなものでも歓迎する」とのみ発言した。電気自動車3社...| AFPBB News

テスラ株が急伸、業界全体での市場拡大を目指す動きに

 自社の特許を公開すると発表したことで落ち込んでいたテスラ株も、16日の取引では8.8%高の224.61ドルとなった。テスラ社は以前からEV普及の一環として、トヨタ自動車とフランス大手ダイムラー社にEV向けのバッテリーを供給している。

今回の日産自動車BMWとの提携もまた、テスラ・モーターズの電気自動車普及のための構想案に興味を示しているという。今なお普及には様々な問題があるとされるEV市場、今後、競争相手との技術協力によって新たな革新が生まれ、普及に弾みが出てくる事が期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~