2014年6月30日月曜日

Yahoo! 動画コンテンツ事業強化へ、YouTubeの動画制作会社を買収か

 米Yahoo!が、 動画コンテンツの配信事業を強化する動きがあった。YouTube動画のコンテンツ制作をおこなう米国企業・Fullscreenに、Yahoo!側から買収提案をおこなっていると英メディア・Sky Newsが現地時間6月27日に報じた。

Yahoo!、今夏にリリース予定の動画サービス強化の動き

 今回、買収案を持ちかけられている企業は、2011年に立ち上げた米・スタートアップ企業「Fullscreen」。創設者は元Google出身で、YouTube Partner Program(※動画配信者が一部の広告収入を受けられる制度)にも大きく携わったとされているGeorge Strompolos氏。
同社はYouTubeチャンネルのコンテンツを制作しており、その月間視聴回数は30億回以上に上るという。報道によると、Yahoo!はFullscreenに対し2億5000万ドルの買収額を提示した。同社を買収することで若年層の利用者拡大を狙っているという。 米Yahoo!、YouTube....|ITpro
米Yahoo!は以前から、2014年内にYouTubeに対抗する動画共有サービスを開始すると報じられている。また、6月13日からショートムービーアプリ「Yahoo! Chocotle(チョコトル)」をAndroid先行でリリースしています。
動画共有・配信系サービスは、2015年からのスマートテレビ市場拡大を見据えて、更なる市場の拡大が期待されているのが事実。現在ではGoogle傘下のYouTubeが世界有数の動画共有・配信サイトとして君臨しているが、Yahoo!も同市場で積極的に展開していく構えを見せている。
また、Yahoo!の買収提案には、Fullscreenの大株主・The Chernin Groupの存在もあり、現在はYahoo!が、The Chernin Groupの顔色を伺いながら買収に向けて調整段階にあるとも報じられています。

現時点で、Fullscreenが買収案を受け入れるかのかは分かっていない。しかし、今回の一件はYahoo!の動画コンテンツ事業強化への背景を確認できると共に、買収成功時には動画コンテンツ事業強化の為の強い基盤となりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~