2014年6月13日金曜日

テスラモーターズ 世界規模での電気自動車普及を目指し、知財権を公開・共有

 電気自動車メーカーの米国企業テスラ・モーターズは米国時間12日、自社の特許技術を全て正式公開し、同社の技術を他社でも利用できるようにするとの方針を発表した。

世界規模での電気自動車(EV)普及の加速を目指すテスラ・モーターズ

 テスラ・モーターズは電気自動車開発の企業として、世界トップクラスの技術を誇っている。また電気自動車のカギとなるバッテリー部分に関しては、部品メーカーとの協力の元、制御技術が非常に優れているとされています。
知財権の公開はIT業界では一般的におこなわれるものだが、自動車開発などの製造業では常識的には考えられず、異例の動きと言える事でしょう。テスラは知財権公開によって今後、他社との開発技術の情報共有、更なる部品メーカーなどとの協力を測り、電気自動車の開発分野に技術革新を起こしていく。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者は同社の公式ブログにて、今回の動きを以下のように発信しています。
「昔は特許は良いものと思い込んでいたが、現在では大企業が自社を防御する道具になり、技術革新の妨げとなっている」
「ガソリン車による環境汚染などの問題を早期に解決するため、特許を開放しEV普及と関連技術の進化を促す」米テスラ、特許を全面開放...| 日本経済新聞
「テスラ、他の電気自動車メーカー、世界のすべてが急速に発展する共通技術プラットフォームの恩恵を受けると信じている」米テスラ、特許を公開へ...| WSJ.com
また、イーロン・マスク氏は電気自動車メーカーにとって競争となる相手は、他社の電気自動車メーカーではなく"ガソリン車"であるとも語っており、今回の特許公開により、世界規模での更なる電気自動車開発・普及を目指していきたいという。

起業家だけではなく、革命家とも呼ばれるテスラ社のCEO・イーロン・マスク氏、自動車業界の常識を覆す今回の動きには各方面から注目が集まっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~