2014年6月22日日曜日

倒れない自転車「Gyrobike」 大量生産に向け米国にて資金調達中

 子供の練習をより効率的に、そして更なる可能性も...。米国では現在、"倒れない自転車"大量生産に向け、クラウドファンディングサイト「KICKSTARTER」で資金が集められている。

この「倒れない自転車(商品名:Gyrobike)」は、Jyrobike Incが開発。開発が始まったのは2009年。現在までにジャイロスコープを搭載するなどの開発が進み、ようやく実用化が可能となった。
ジャイロスコープ(gyroscope)とは、物体の角度や角速度を検出する計測器。ジャイロと略されることもある(ジャイロセンサと呼ばれることもある)。船や航空機やロケットの自律航法に使用される。 ジャイロスコープ|Wikipedia

より安全・効率的に楽しめるこれからの「子供用自転車」

 ジャイロスコープを搭載した「Gyrobike」は、安定化装置の働きによって自動安定する子供用自転車。
GyrobikeはGyrowheelと呼ばれる前輪の中で、14.4ワットのモーターによってディスクが回転し安定化装置の働きをしてくれる自転車。アシストのレベルは3段階からワイヤレスでも調整できるようになっているので、上達度合いに合わせて大人がコントロールしつつ、最終的にオフにできるまで練習すれば自力で乗れるようになる、 倒れない子供用|ギズモード・ジャパン
Gyrobikeなら、初めて自転車に乗る子供でも倒れる心配が無く、恐怖心を持たずに自転車にトライすることができます。また、前輪部分の「Gyrowheel」にはリチウムバッテリーを採用され、Micro USBで充電する仕組みになっている。
バッテリーは、一度の充電で3・4時間のアシストが可能で、初めて挑戦する子供は3・4時間あれば、自転車の乗り方を自然と覚えられているとJyrobike社が紹介しています。

また、アシスト無しで自転車を乗れるようになったその後は、アシスト無しの車輪に交換する事で、通常の子供用自転車として乗ることができる。その他、アシスト機能が搭載された前輪部分を単独購入で、一般に売られている自転車に取り付けることも可能との事。
この「Gyrobike」は既に、海外の大手メディアなど実に多くのメディアで紹介されている。子供に安全・効率的に乗り方を覚えてもらうだけでは無く、身体に不自由があり、自転車操作が困難な子供にも新たな可能性を与えられる存在として、各方面から期待と注目が集まっています。

現在、Gyrobikeは大量生産に向け、米・クラウドファンディングにて資金集めをおこなっている。多くの可能性を秘めた、これからの新しい"子供用自転車"に注目なところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~