2014年5月12日月曜日

アップル、グーグル、マイクロソフト... 自動車業界とIT技術の今後

 近年では、グーグルなどが開発に取り組む自律走行カーの存在がある。しかし、それらは今後5〜6年後に見据えられた「スマートカー」。

今年2014年から本格的に実用化される「スマートカー技術」については、「iOS in the Car」と噂されていたアップル社の新製品「CarPlay」が今年秋頃を目処にリリースを見込まれています。
グーグルも今年1月、アウディ、GM、ホンダなどと共に「Open Automotive Alliance(通称OAA)」を結成。 OAAは、グーグルの「Android OS」を自動車の一機能に組み込み、運転走行の記録やナビゲーション、車内の音楽ストリーミングなどの機能を提供する。

また、グーグルはOAAで培ったノウハウを開発中の自律走行カーに繋げていきたい考えだという。そしてもうひとつ、CarPlayやAndroid Car程の話題性が無いマイクロソフト社のカーシステム「Windows in the Car」の存在もあります。

アップルにグーグル、マイクロソフト。各社の主な機能

 アップルのCarPlayはフェラーリ、ホンダ、ヒュンダイ、ジャガー、メルセデス・ベンツ、ボルボはじめ、国内企業の三菱、日産、スバル、スズキ、トヨタなどの自動車に搭載される計画である。

基本的なCarPlayのインターフェースはどのメーカーも同じとされており、iPhone5以降のiPhoneを接続する。アップルの未来を担う主力AI・Siriが走行中の電話・メッセージ受信/送信を音声対話により助長し、ナビへの指示もSiriの音声機能でおこなえる。Spotify、Stitcher、iHeartRadioという3つのアプリと「Beats Music」も搭載される予定。
アンドロイドカーに関しての機能面は、CarPlayと同じ様なものとなっているが、次世代遠隔制御システム「ブルーリンク2.0」を搭載し、Google Glassを活用した遠隔操作も可能にする予定だという。アンドロイドカーは早ければ、2015年に生産される各自動車に実装されていく見通しです。

Windows in the Carは現在までに公開されている情報では、こちらもCarPlayと同じ様な機能ではある。ナビゲーション画面を自分の欲しい情報や、アプリを好きなようにカスタマイズできる他、通話・メッセージ機能も存在する(音声対応があるかは不明)。

トヨタやニッサン、BMWなどの自動車メーカーで対応すると言われているが、詳細に関してはまだまだ不明な点が多い。

スマートカー技術で鍵となる、自動車メーカーとの連携

 話題性と注目を浴びるスマートカー技術だが、問題点などは多く存在する。CarPlayに関しては、この世に及んでiPhoneとのケーブル接続が必要な点、コアなユーザー層からはすでに「ケーブル接続に時代遅れを感じる」という反応も挙がっている。
この事に関しては、一部メディアが「今後、クラウド経由での接続が可能になるだろう」との見方を報じています。そして大きな問題に、IT企業と自動車メーカーとの間に隔たりが存在していると言われています。

IT企業が様々な機能の実現やアプリを搭載したい一方で、自動車メーカーは運転手の脇見運転等の増加に繋がるという考え方があり、スマートカー関連の技術に消極的な捉え方があるのだという。そういった場面で鍵を握るのが、やはり、IT企業が着手する音声・対話技術だ。
CarPlayには自動車に最適化されたSiriが搭載され、視線を道路に保ち、ハンドルを握ったままでコントロールすることが可能となっている。しかしながら、初期のCarPlayシステムは自動車メーカーからの意見に最大限配慮し、iOSアプリはごく一部しか使用できない可能性が高いという。

現在では、自動車メーカーとIT企業とで「IT技術と自動車」のふさわしい関係性を、お互いに探り合っている段階だと言うことが正しいのかもしれない。
また、グーグルが率いる自動車用Androidプラットフォーム団体「OAA」や「Windows in the Car」の登場もあり、自動車メーカーは、スマートカー技術のパートナーをアップル以外にも絞れるようにもなっています。

現にメルセデス・ベンツ社は今後、スマートカー技術に関して、アップル・グーグル双方との両立的な連携を視野にいれている。
Mercedes-Benzの広報担当者は筆者に対して、Open Automotive Allianceが提唱する「Android」のミラーリング機能を全面的にサポートする可能性も高いことを明らかにし、同社の自動車においてiOSとAndroidは共存しうると述べた。アップル「CarPlay...|CNET Japan
ほかにも、最近ではスマート技術に関して、BMWとメルセデス・ベンツは韓国・サムスン電子と米・Pebbleと連携し、ウェアラブル端末「ギャラクシーギア」と「Pebbleスマートウォッチ」で遠隔制御できるスマートカー技術を開発する他、アップルの首脳陣との会談があったとされるテスラ・モーターズ社の存在などもある。
将来的には独自の自律走行カー実用化を目指すグーグル。テスラ・モーターズ社などとのクリーン・スマートカー事業の展開が噂されるアップル社、スマートカー技術の市場に参入を見せるマイクロソフト。そして、次世代の自動車と情報技術(IT)に強い視線をおくる自動車メーカー各社。

今年2014年は自動車に関する様々な在り方が変わる年であり、自動車メーカーとIT企業の新たなる結びつき・市場が生まれるチャンスの時なのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~