2014年4月23日水曜日

Facebook アドネットワーク参戦。ソーシャル広告市場が更にアツくなりそう

 交流サイト大手・フェイスブックがモバイルデバイス向けのアドネットワークを展開する見通しである事がわかった。アドネットワークはフェイスブック社独自のネットワークになるという。

独自のモバイル向け外部アドネットワークになる!?

 International Business Timesが報じた情報によると、4月30日のカンファレンス「F8」にて噂の自社製アドネットワークを発表する予定。どのようなものになるかは現在、不明とのこと。
今年1月、フェイスブックは他社アプリに広告を販売していると明らかにした。フェイスブックのモバイル・プロダクト部門のヘッド、スリラン・クリシュナン(Sriram Krishnan)氏は、同社の計画が「モバイルアドネットワークのようなもの」だと表現した。フェイスブックが...|International Business Times
フェイスブックは現在10億人以上の大量のユーザー情報を抱えている。グーグル広告の様に、広告主はターゲットとする顧客に適切にリーチさせる事が可能であると言われ、新たなアドネットワークはFacebook外でもユーザーに広告を配信する仕組みになると推測されているという。

グーグルプラス、ツイッターのソーシャル広告に対抗の動き

 今月に入って特に、ソーシャル・ネットワーキング・サービス界隈の広告展開が賑わいを見せています。
インターネット広告最王手の「Google」がGoogle+と連動した「Google+ 投稿広告(+Post Ads)」を正式スタートしたのを皮切りに、TwitterのMoPubとのアドネットワーク正式統合。これによってTwitter広告は今後、Twitterサービス外に配信できるようになる(現在は米国でベータ稼働中)。

そしてここに来て、Facebookの外部アドネットワーク展開の噂。詳細については、4月30日のカンファレンス「F8」にて何かしらの情報が公表される見通しだが、可能性は非常に高いと予想されている。
モバイル広告販売は現在、グーグルが市場の約半分49.3%を占めており、フェイスブックは17.5%程。しかし今年2014年には、モバイル広告市場は75%成長し、314億ドル規模の市場になると見られている。そのなかで市場の鍵を握るのは、ソーシャル・サービスとの連携システムであろう。

個人的にもうひとつ気になる事、それは新たなアドネットワークが、Googleアドセンスの様に一般のサイト・アプリ運営者向けに公開・共有されるアドネットワークになるか否か。今後のソーシャル広告含め、Facebookの新たなアドネットワークの中身に期待したいところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~