2014年4月4日金曜日

AntennaがECサービスを開始。キュレーションがネットショッピングを変える

 検索エンジンでもポータルサイトでも出会えない情報を提供する情報キュレーションマガジン・Antennaが、ECサービス「Antennaショッピング」の提供を2014年4月2日付けで開始した。

スマートフォンアプリ「Antenna」のバージョンアップと共に、eコマースが出来るようになった。今後、アプリ内で魅力的な商品に出会った場合、「Antennaショッピング」からそのまま購入ができるというサービスになる。

キュレーションマガジン「Antenna」とは

Antenna(アンテナ)とは、210以上のメディアから1日600記事以上の情報がユーザーに配信されるニュースアプリ。配信される情報はフォト(画像)を全面に押し出し、ユーザーは好みの情報を探し出せるというフォトキュレーション型のニュースマガジンである。
写真を中心としたデザインのため、スマートデバイスと相性も良く、直感的に情報を見つける体験ができる。また操作性においても細部にわたり作り込まれているため、今までには無い情報収集を楽しめるニュースアプリとなっている。半年で200万ユーザーの増加があり、 現在、300万ユーザーを突破しているとのこと。「Antennaショッピング」の提供開始により、新たなユーザー層の獲得に弾みがでるとも予想されている。

キュレーション × メディア × コマースの時代

 近年、ソーシャルコマース・メディアコマースという流れが米国を中心に注目を集めている。ソーシャルコマースは「キュレーション」分野で力を発揮するサービスと言ってもいい。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスに分類されるインターネットサービスは従来、企業がユーザーにマーケティングをする場であり、そこから外部サイトやアプリに誘導し、購買に結びつけるという流れがあった。しかし最近ではSNS内にeコマース機能を設置し、ユーザーがその場で購買できる流れが生まれている。

ソーシャルコマースは企業がリコメンドするだけでは無く、コミュニケーションがあるユーザー間で薦め合うことが可能な為、従来のECサービス以上に画期的なサービスだとして注目を託している。ユーザーとの繋がりで購入につながる仕組みは、全く新しいeコマースの形といえます。

また、情報やコンテンツをまとめる「キュレーション」との相性は抜群とされている。膨大な情報・コンテンツとユーザーにはそれぞれの特性・趣味・嗜好等が存在する。それに応じたまとめを提供し、コマースする流れを生む事が効率的であり、重要であると考えられる。

注目されるソーシャルメディア・コマース

 ソーシャルコマースの流れを生んだと言える米国のSNS・Pinterest(ピンタレスト)。2010年に誕生した画像型のソーシャル・ネットワーキング・サービスである。
Pinterestはネット上で見つけたお気に入りの写真を自分のページのボードに貼り付けたり、他のユーザーがPinterest内で投稿した写真を自分のボードに貼り付けて、自分の好みに合った写真や動画をテーマごとにどんどん集めていくサービス。

この画像特化型のシステムがECサイトへのユーザ誘導率を大きく高めており、現在Pinterestは、Twitterにも引けをとらないECサイトへのユーザ誘導率を誇っているという。Pinterestは画像キュレーションサービスとも呼ばれ、実際にPinterest内で活躍するキュレーターも存在する。

その膨大な画像の中で販売可能なものには、画像提供者がECサイトへのリンクを貼っており、そこをクリックすればすぐに商品が購入可能。購入は外部のECサイト利用という形になっているが、ソーシャルコマースを引き寄せたサービスであると言える。

この様なソーシャルコマースの中、日本の企業が立ち上げた「モノのSNS・Sumally(サマリー)」が本格的にeコマース事業に着手。今年1月には、Sumally内でユーザーが気になったアイテムをサービス内で直接購入できる決済機能を搭載。今後更なるサービス強化がおこなわれていくと予想される。
Antennaショッピングでは、従来のキュレーションマガジン同様、キュレーションされた商品約2万点がスマートフォンから簡単に購入できる。気に入った情報とともに、商品をその場で購入できるようになり、キュレーションされた情報・アイテムをウィンドウショッピングできる新たなるeコマースサービスだ。

現在、ソーシャルコマースの流れは世界的に注目され始めており、この流れが普及した暁には、今あるネットショッピングという形・概念は大きく変わっているとも予想できる。その中でAntennaの売りでもある「キュレーション」というワードは今後、eコマース・ネットショッピング市場において、重要になってくるのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~