2014年3月26日水曜日

会話が苦手な人に。初対面や異性に好感が持てる簡単・会話術

 デートで何を話せば良いのか、初対面の人とどんな事を話して良いのか分からない。そんな事を経験された方も多いはず。いったいどうすれば良いのでしょうか。

この答えは意外と簡単なもの。そもそも自分が話そうとする必要が無いのです。えっ?と思われるかもしれませんが、会話が苦手気味のアナタがまずやる事、それは聞き役になる事。多くの人は、話すという行為は無意識のうちにストレスの発散になっています。自分が誰かと居て、ストレス発散できたのなら、自然と相手に好感が持てます。それを自分が相手にすれば良い事なのです。

どうやって聞き役になるのか

 まずはなんでも良いので、相手に問いかけをしてみましょう。「好きな食べ物はなんですか?」「趣味はなんですか?」「テレビは何を観ますか?」そんな感じで構いませんが、その前にまず自分が答えてから相手に質問するのがベストですね。「自分の趣味はスポーツ観戦ですがアナタはなんですか?」などと。質問ばかりですと、警察の事情聴取になってしまいます。
自分の事も伝えることにより、相手も自然と話易くなるものです。相手が答えたら、続けて質問をします。「どの位の経験があるのですか?」「いつそれをやっていますか?」その時も淡々と聞くのではなく「へぇ~そうなんですか、どの位の経験があります?」などと付け加える事が重要です。

会話がスムーズな流れになります。その調子で相手が話しに乗ってきたら、「あいづち」「うなずき」「オウム返し」を入れるとより効果的。そして関係が親しくなった時に、相手に聞くのが「自慢話」と「愚痴」です。これは話したいけど話すと嫌われるテーマ。しかし、それをあえて聞くことによって相手はとてもスッキリし、自然と相手に好感を感じさせる親近感を湧かせることに繋がります。

最後に

 相手の話すことは、全てを真剣に聞かなくても良いことなのです。興味のない事や自分と相手の今後に関係のない事は、ハイハイ言って上の空でも構いません。自分が分からない・興味が無い話を無理に聞き入れようとしてもコチラ側が一方的に疲れてしまい、返って会話がしにくくなる原因にもなってしまいます。しかし、そんな時でも注意は必要。それは、相手の顔を見て話しを聞いてる振りをする事。

以上、これらの事を試しにやってみてください。とても単純で簡単な事ですが、意外と相手の反応が変わってくるものです。「話し上手は聞き上手」これを覚えて、実践してみてはいかがでしょうか。
投稿者:かんたんさん
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~